PAGE TOP

飽きない英語教材があったらいいよね。

デコトラ乗っていましたけど社長になりました。

英語の勉強をしていますが、これらの教材は飽きがこないと思いました。

英語&日本語のCDつき おもてなし英会話と東京オリンピックに向けて
英語&日本語のCDつき おもてなし英会話の概要はデイビッド・セインさん著で主婦の友社の本が出版しています。2020年には東京オリンピックが開かれます。

その際に色々な国から外国人がやってくることが予想されます。
そんなときに万国共通後である英語を使っておもてなしができたらという発想の元に出版されているのがこの英語&日本語のCDつき おもてなし英会話となります。
外国人に聞かれやすい質問などを厳選しているところが特徴です。

CDもついて自然と英語力が身につくようになっています。

英語&日本語のCDつき おもてなし英会話のメリットは日本へやってくる外国人に対して聞かれそうな質問や好感度をアップさせる方法などを厳選してまとめてくれているところです。これ1冊があれば適格な表現やおもてなしが可能になりそうなところがメリットと言えるでしょう。

一方のデメリットは基本的にはある程度の英語に関しての基礎ができていないと対処できないであろうなというところです。
CDがついていて英語の初心者でも対応が可能となっていますが語学力は人それぞれですので何とも言えないところです。
心理学のための英語論文の書き方・考え方で論文と作ってみよう
『心理学のための英語論文の書き方・考え方』は、英語で論文を作成する際のコツについてのノウハウが詰め込まれた本です。
日本人は、英語で論文を作成する際に、「正しい文法で」ということを意識し過ぎるあまりに、意味が微妙にずれてしまった英文を書いてしまうことがしばしばあります。

中高でも英語は文法について学ぶことが多かったと思いますから、どうしても英語独特の雰囲気やニュアンスを知らないままに英語論文を書いてしまうのです。
ですから、『心理学のための英語論文の書き方・考え方』では「英語論文を書くときの様式、スタイル、よく使う言い回しや英語独特の雰囲気」自体を学ぶことが出来る、というのがメリットの一つです。
英語論文を書く際に必要なのは、厳格な英語文法力では無く、自分が思った通りのことを伝えるための「英語力」だというわけです。

ただデメリットとして「この本は心理学に特化したものであること」ということがあります。

他の分野の論文にも応用できる内容は結構あるのですが、あくまで心理学に特化しているという内容が多いため、完全な指南書となっているわけではありません。
それだけがこの『心理学のための英語論文の書き方・考え方』のもったいない点ですね。
英語に強くなる本: 教室では学べない秘法の公開は文庫本で読みやすい
英語に強くなる本: 教室では学べない秘法の公開は筑摩書房から販売されている文庫本で、「この本でダメなら英語はあきらめた方が・・・」というほどわかりやすい本だと言われています。
この『英語に強くなる本』は「日本人が英語を出来ない理由」「英語をどうやって覚えればいいか」「英語本来のルールやコツ、読解の秘訣」「英語の根底にあるもの」「海外旅行の際に役立つ法に関する背景知識」などから構成されているのが特徴で、出来ない理由からどうすれば出来るのかまでを、自分と照らし合わせながら確認していくことが出来ます。

高校までの受験英語が理解しきれなかったり忘れてしまったりして、英語なんて無理!という苦手意識がついてしまっている人でも読むことが出来る、というのがこの『英語に強くなる本』のメリットでしょう。
文法書や受験用テキストなどとは違いますし、「試験がある」という圧迫感もない分、この『英語に強くなる本』には素直に向かい合うことが出来るでしょう。

ただその「厳密さに少し欠ける部分がある」というのがデメリットの一つでも有ります。

英語の土台を作るにはこの『英語に強くなる本』が最適です。
教室では学べなかった英語本来の姿を、ぜひこの『英語に強くなる本』で垣間見て下さい。
SPI3英語能力検査こんだけ!の感想など
SPI3英語能力検査こんだけ!は就職試験情報研究会が出している一ツ橋書店の本となります。

就職の際に行われる各種試験の中でにはSPI3英語能力検査というものがあります。
SPI3英語能力検査は採用対象の能力レベルに応じた能力検査となります。
SPI3英語能力検査こんだけ!は、SPI3英語能力検査に的を絞りわかりやすい解説の元、傾向と対策を書き述べたものとなります。

SPI3英語能力検査こんだけ!のメリットは就職と言う人生の中でも一大行事ともいうべき場面に対して、希望の職場へ就職を出来るようにSPI3英語能力検査に的を絞って適格に解説してくれているところです。
また、本自体が分厚い問題集と言ったもでなく、よりコンパクトなタイプとなっておりどこでも持ち歩ける、限られた時間で最大の効果を引き出してくれるというところがメリットと言えるでしょう。
デメリットはやはり、あくまでも傾向と対策ですので確実だというものではないということです。

ある意味お守りのようなつもりで持ち歩くのには適しているかもしれません。

能力と言うのは一時的に絶大に大きく上にぶれるということは考えにくいからです。

Copyright (c) 2016 デコトラ乗っていましたけど社長になりました。 All rights reserved.