PAGE TOP

美顔器の効果を試してみました。

デコトラ乗っていましたけど社長になりました。

美顔器は使ってみるといいものでした。

美顔器は使ってみるといいですよ。
私は最近、美顔器をちゃんと使うようになりました。男性が美顔器なんてと思うかも知れませんが、身だしなみとかを気にするとやっぱり肌の痛みなどは気になるものです。

タバコ吸ってデコトラ乗り回していた時代を考えるとありえないと思いますが、今は美容にも気を使っています。
りました。その関係で頑張って美容をやることにしたんです。最初に思ったのですが、美顔器と言うのは知識などもある程度あった方がいいと言う事です。
私が持っている美顔器に関する知識を機種ごとで紹介したいと思います。
マイナーなのもメジャーなのも試してみました。尚、一部の美顔器は知り合いの女性にレビューしてもらいました。
美ルルプレミアムは多機能が魅力的
美ルルプレミアムは充電式の多機能美顔器になります。
美ルルプレミアムにはEMS・エレクトロポレーション・メソセラピー・振動マッサージ・高周波・光エステという6つの機能が搭載せています。

USBで充電をするタイプの美顔器ですから、充電をしておけば持ち運んでいつでも気軽に使うことが出来るというメリットがあります。

コンセントだけではなく、USBコネクターのあるパソコンにつないで充電をすることが出来るというメリットもあります。

自分がどのような機能をどのようなレベルで今使用しているのかということが液晶パネルで分かりやすく表示されますので、この点もとてもメリットが高いと思います。
手軽にケアが出来るこの美ルルプレミアムですが、デメリットとしては手軽なのでついつい毎日ケアをしたくなってしまうという点があります。

やはりこのようなケアは週に3回程度のケアに留めてい置いた方がお肌のためには良いようです。

また、持ち手がやや大きめという点と、ヘッドがやや大きめですので、細かい部分のお手入れをピンポイントで行うことは難しいかもしれませんね。
DHCダイヤモンドシェイプは大手メーカーが開発した美顔器
DHCダイヤモンドシェイプは健康食品でお馴染みのDHCが販売している美顔器になっています。

ハンドタイプのこのダイヤモンドシェイプは、イオンクリーン・イオントリートメント・ソニック・EMSという4つの機能を搭載しています。
イオンクリーンは肌の汚れをすっきりとさせ、イオントリートメントは角層まで水分や美容成分を浸透させます。

ソニックは1秒間に約500万回という振動をお肌に伝え、EMSは筋肉を振動させることで自動的に筋肉を動かすことが出来ます。

まず先にデメリットを紹介すると、価格がやや高めになっている点があります。

18000円という価格ですから、やや高めと感じる人もいると思います。
メリットを照会すると、幅51mm×厚み58mm×高さ185mmとかなりコンパクトになっています。
重量も139g程度ですから軽いですよね。

現在の機能の状態も液晶パネルで表示されますので分かりやすくなっています。

充電式ですので電源を気にしないで使用することが出来るという点もメリットの一つではないでしょうか。

使用方法もとても簡単ですので、美顔器初心者の方でも使いやすいようです。
ゾーガンキンは高周波振動を肌に与える美顔器
肌に塗布したジェルを通し、4つの電極から1秒間に100万回もの高周波振動を肌の内部に与え、水分子を振動させることにより発生する摩擦熱をもたらす温熱美容法を採用した美顔器。

それがゾーガンキンです。
温熱美容に使用されるラジオ波だけでなく、造顔マッサージのスペシャリストが開発したオリジナルのEMS刺激も組み込まれています。

顔に使用すればリフトアップ効果が、身体に使用すればシェイプアップ効果が得られる、まさに万能美顔器。

たるみ、シワ、むくみ、気になる部分に3分間あてるだけ引き締め効果がもたらされます。
また、ゾーガンキンには5つのモードが−搭載されています。
毎日のケアを無理なく、心地よく、そして様々なトリートメントを楽しむことが出来るでしょう。

しかし、効果をより高めるためには専用のジェルを使用することが推奨されています。

ランニングコストの面から考えた場合、他の美顔器に比べ費用が大きくなってしまうのがデメリットかもしれません。
けれども、雑誌やテレビ、色々なメディアで取り上げられ注目度ともに人気上昇中の美顔器であることは間違いありません。

サロンで提供されている本格的なエステ体験をぜひ自宅で体感してみてください。
イオンマイエステUはハンディタイプで使いやすい
イオンマイエステUはハンディタイプの美顔器になっています。ヘッドがローラータイプになっており、顔全体をケアするものとポイントケアに使用する二つのローラーがアタッチメントとして取り換えることが出来るようになっています。
クレンジング機能を利用するときにはフェイスシートを使用する必要があるため、やや面倒という声もありますが、クレンジングの時にはこのフェイスシートを水で濡らせばよいために、わざわざ化粧水を使用しなくても良いというメリットもあります。
8分間のお手入れ時間は、1分ごとにお知らせ機能がありますのでとても便利です。
お手入れに使用したヘッドも取り外して水洗いをすることが出来ますので、衛生的に使用することが可能で、さらに本体が約100gとかなり軽量になっています。

目元や口元など皮膚が薄く出るケート場部分については別メニューで操作ができますので、皮膚の薄いところでも安心して利用することが可能です。

操作もボタンを押すだけという簡単さがメリットになっています。
デメリットはあまり上げる所がないようです。

電動ですからバスタイムには使用できませんが、お風呂上がりなどに利用すると効果的です。

Copyright (c) 2016 デコトラ乗っていましたけど社長になりました。 All rights reserved.